So-net無料ブログ作成

献血ーJR名古屋駅セントラルタワーズ20階にて [献血]

少し前に、献血に行ったときの話です。

これまでに献血を3回やったことがあるのですが
3回とも献血車でした。
kenketsu1.jpg
1回目と2回目は職場に来た献血車、
そして、3回目は
近所のショッピングセンター駐車場に来た献血車。

でも、近所のショッピングセンターを建て替えたときに
献血車の巡回ルートからは外れてしまったため、
献血に行けなくなってしまいまして。
kenketsu2.jpg

そのとき思ったんです。
別の、献血をできる場所を開拓しよう!
せっかくなら、設備が充実しているらしい
「献血ルーム」に行ってみよう!と。

※ここでいう「設備」とは、献血後に
 ジュースを読みながらゆったりできる場所のこと。

というわけで、初めて行った献血ルームはココ。
kenketsu3.jpg
名古屋駅セントラルタワーズの20階にある献血ルーム。

JR名古屋駅の構内から、エレベーターでいったん15階まで上がり
スカイストリートという場所を通って、別のエレベーターで20階へ。

献血ルームの入り口は、きれいな廊下の途中にありました。
kenketsuphoto1.jpg

入り口の中には、こんな表示が。
kenketsuphoto2.jpg
どうやら今は、4種類すべての血液型で
成分献血の血小板と、400mLの献血を受け付けているらしい。

中に入ったところはこんな感じ。
kenketsuphoto3.jpg

とりあえず、中央の受付に向かって歩いていったら
受付担当者さんから
「献血をご希望ですか?献血カードは持っていますか?」
と聞かれたので、
持ってきた献血カード(最近の献血記録が書かれています)を
渡しました。
「今回も400ml献血ですか?」
と訊かれたので、そうだと答えて。

ただ、カードの暗証番号は忘れたと言ったら
「大丈夫ですよ、何度間違えても大丈夫ですから」
それは大丈夫とは言わないのでは~。

というわけで、何回も入力しては間違っていて、の繰り返しで
4回目の入力で、なんとかうまくいきました(^_^;
もしまた暗証番号を忘れてもいいようにと、右手中指の静脈を登録。

荷物をロッカーに預けて、しばらく待つようにと言われたので
スマホと財布以外の荷物をロッカーに入れて、
窓際のあたりの椅子に座って、呼ばれるのを待っていました。
高いところだから、眺めはいいね~。
kenketsuphoto4.jpg

少ししたら名前を呼ばれたので、再び受付へ。

最初に、両腕に神経障害がないかを調べる
「シーフテスト」なるものをやりました。
kenketsu4.jpg
もし、これで腕に痛み等がでて、姿勢を30秒維持できないと
献血はできないらしい。

次に、タッチパネルに表示された問診票?に答えるよう言われたので
ぽちぽちと回答していきました。
kenketsu5.jpg
質問内容(体調や持病、輸血歴、海外渡航歴などなど)は
ホームページで事前に確認済みだったので、すんなりクリア。

海外渡航歴で問題になる国は、その時々で違っているみたいです。
以前の献血のときは、狂牛病が騒がれていた時期だったから
イギリスとかの渡航歴が問題になったような。

それらが終わってから、右手首に
受付番号を書いた紙テープの輪?をつけられました。
それ以降は、名前ではなく、その受付番号で呼ばれることに。
そのときに、呼び出し用の機械?も一緒に渡されました。

待合室で10分くらい待っていたら、番号で呼び出され
指定された個室に行くと、
医師による問診と、血圧の測定がありました。
kenketsu6.jpg
医師による問診は、問診票で何も問題なかったからか
「体調は?」「大丈夫です」
「ヨード(消毒液)のアレルギーは?」「ありません」
で、すんなり終了。

そのまま次の採血室に行って、ヘモグロビン等の測定。
実のところ、採血そのものよりも
順番がくるまで待っているほうが緊張します(^_^;
以前の採血で、採血箇所を見ていたら脳貧血を起こしたことがあるので
それ以降は、顔をそむけて見ないようにしていますw
kenketsu7.jpg

採血が終わり、そのまま3分くらい待っていたら
「ヘモグロビン濃度は十分なので、献血お願いします♪」
とのこと。
400ml献血は、体の負担が大きいので
ヘモグロビン濃度や体重などの条件が、けっこうきびしいんです。
(ただ、採血後の後遺症は成分献血のほうが多い?)

そしてまた、待合室でしばらく待機。
「トイレに行って、飲み物を飲みながら待つように」
「本採血のときには、飲み物をベッドに持っていくように」
と、あちこちに書かれていたので、その通りにしました。
待合室では、紙コップのジュースが好きなだけタダで飲めます。
もちろん、がぶ飲みしみすぎてトイレが近くなるのは要注意ですがw

しばらくしたら、呼び出し用の機械に
「2番ベッドに行ってください」みたいに表示されたので、
飲みかけのジュースを持って、採血室へいざ出陣。

kenketsu8.jpg
採血用のベッドがずらっと並んでいる部屋に入るのは
ちょっと緊張。
採血用の各ベッドにはテレビがついていて、
リモコンで、自分でチャンネルを変えられます。

ちなみに、ベッド上でのスマホや携帯の使用は
話すのはNGだけど、メール等は大丈夫らしいです。

献血が始まるまで待っているあいだに、注意事項の説明があり
採血後は、立ちくらみが起こることもあるので
そのときは、すぐにしゃがんでくださいね~。
かなり時間がたってから立ち眩みが起こることもあるので、
そのときは、すぐにしゃがんでくださいね~。
と言われました。

そして、いよいよ本採血。
針を刺して、チューブを固定して、しばらく待機。
隣のベッドのおじさんは
看護師さんに、昨日見たテレビの話とかしていたけれど
私は、ただただぼーっとテレビを観ていましたw

そのうち、看護師さんが採血用の機械で何かやっていたので
うまく血が出ていないのかな~
今日はどれくらいかかるかな~、と思ったら
「それでは針を抜きますね」
えっ、もう終わったの?!
たしかに、画面?に394mlと書かれていました。
採血にかかった時間は、たぶん7分くらい。

待合室に戻ると、迎えてくれたおにいさんが、説明の紙とかをくれて
さらに、自販機のお菓子かアイスを買うためのコインを1枚くれました。
なので、お菓子を購入。
kenketsu9.jpg

さらに、コーヒーを飲みながら待っていたら、呼び出されて
新しい献血カードや、何かあったときの連絡先について
書かれた紙を渡されました。
献血、これにて終了。
kenketsu10.jpg

そのときに、番号を書いた紙テープも回収。
受付から全行程終了まで、全部で1時間半くらいでした。

今回は日曜日に行ったのですが、献血に来ていたのは
成分献血をする、そこそこ高めの年齢のおじさんが多かったです。

私は今回は400ml全血の献血だったので、
次に400ml献血ができるのは、16週間後、約4か月後。
ちなみに男性は12週間後、約3か月後です。

成分献血は、採血には時間がかかるけれど
全血よりも、短期間で次の献血ができるので
献血マニアにはおすすめですw
成分献血では、抗凝結材としてクエン酸が含まれているため
人によっては、クエン酸反応という副作用が起こってしまうため
体質的に成分献血できない場合もありますが。

献血に興味はあるけれど、まだ献血をしたことはない
という健康が取り柄の方は、健康管理のためにも、
いいことしたという気分を味わうためにも
献血ルームや献血車にレッツゴーです♪
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。