So-net無料ブログ作成

きょうの健康で双極性障害 [その他病気関連]

(しばらく絵を描ける環境にないので、
 とりあえず画像なし、文字のみの内容でアップします)

2月に放送された「NHKきょうの健康」で
双極性障害をテーマにとりあげていました。

それを見ながら、
同じく双極性障害のうちの家族の状態と比べてみました。

※きょうの健康のセリフは、話者が話したそのままではなく
 かなり要約してあります

きょうの健康:
「双極性障害はうつ病と見分けるのが難しいということですが」
「双極性障害では、初めはうつから現れることが少なくないんです。
 最初にうつの状態が起きてきますが、この状態では
 うつ病なのか、双極性障害のうつ状態なのか、区別できません」

我が家族:
うつ状態のときに受診したのですが、
最初から「双極性障害」の診断でした。
運よく、いいお医者さんに出会ったのか
問診で、うつ病ではなく双極性障害と判断しやすかったのか、
家族を見て、これは双極性障害ぽい人間だぞ、と思ったのか。

きょうの健康:
「ある日、軽い躁が現れます。
 軽躁は日常生活に支障をきたさない躁の状態で、
 いつもより活動的になったり明るくなったりします。
 本人には居心地のよい状態ですが、周囲の人には
 いつものその人とは違う、という感じが出てきます。
 本人には気づきにくい状態です」

我が家族:
たしかに、機嫌よくやたら話続けて、あれ?と思ったことが。
ただ、もともと知っている知識について話すのが好きなので、
どこまでが本来の性格で、どこまでが軽躁なのか
判断がつきづらいです。

きょうの健康:
「また気分が落ち込み、今度は躁が出てきます。
 治療しないと、躁とうつの間隔がだんだん短くなって
 年4回以上繰り返すラピッドサイクラー、急速交代型という
 双極性障害の重症型となる場合があります」

家族:
やっぱり治療しないと危険みたいです。
うつがしっかり?発症する前も、それっぽい傾向はあって
その頃に比べると、躁うつ病の治療をしている今のほうが
基本的に落ち着いている感じが。

軽い躁と軽いうつを繰り返すとき、治療をしないままでいると
やはりラピッドサイクラーになったりするのかなあ?

きょうの健康:
「双極性障害では、まれに混合状態、
 躁の症状とうつの症状が混じり合い、
 気分は落ち込んでいるのに、活発に動き回ることが。
 自殺の危険が高くなるので、とくに注意が必要になります」

家族:
あーーー、これもすごく覚えが。
積極的に自殺するつもりではなかったにしても
無茶・無謀・危険なことをやろうとしていたことは何度も。
やっぱり、無理にでも止めないと。

きょうの健康:
「双極性障害になる原因は、はっきりとは分かっていません。
 しかし、もともとエネルギッシュで
 何があってもへこたれない発揚気質の方や、
 気分がころころ変わる循環気質の方は
 双極性障害になりやすいと分かっています」

家族:
これはまさにそんな感じ。
家族は、人にすごく気を遣う神経質なタイプではなく
普通のうつ病にはなりにくそうなのに、うつ病になったので
不思議に思っていたんですよね。

きょうの健康:
「うつ病では気持ちが沈み込む、興味や喜びが減退、
 食欲の低下、睡眠の低下、思考と活動が緩慢に、
 焦りや不安が強くなる、疲れやすい、気力減退、
 自分を責めつ、思考力集中力が低下、
 自殺したい思考が繰り返される」

家族:
だいたい全部の項目があてはまるな~。

きょうの健康:
「躁では、少ししか眠らなくても平気、
 自分が偉くなったように感じる、
 いつもよりおしゃべりになる、
 いろいろな考えが次々と頭に浮かぶ、
 注意がそれやすい、仕事や勉強をやりすぎる、
 買い物のしすぎ・投資などに熱中する」

家族:
少ししか眠らなくても平気は、
最初にうつが発症する前の数か月間、そうだった覚えが。
なにかおかしいと思ったけれど、
やっぱりあれが、うつの前兆だったんだなあ。

自分が偉くなったようには、家で話をしている時に
特定の人のことを、異常なほどに非難する時があって
あれがそうだったんだろうと。
おしゃべりやいろいろな考えや買い物・・は
躁ゆえか、もともとの性格か、区別がつかないですw

きょうの健康:
「今後の人生を守るためにも、
 できるだけ早く双極性障害の診断をつけて
 適切な治療を始めることが大切です」

家族:
今後の人生を守る、まさにそれだろうと。
双極性障害は、体の病気とは違う意味で危険度が高く
人間関係的にもトラブルを起こしやすい感じが。

きょうの健康:
「医療機関ではどのように診断していくんですか」
「精神科を受診し、医師の問診で
 躁や軽躁が過去にあったかどうかを聞き取ります。
 家族の証言も重要なので、
 できるだけ家族と一緒に受診していただきたい」

家族:
やっぱり、問診で軽躁があったと判断されたのかな。
私も一緒に受診すればよかったけれど、
家族の精神状態が不安定で、一緒に行動できる状態ではなかったし
(近所のほとんどの精神科は、予約をとらないと受診できず
 精神科を初診で受診すること自体が難しかったのも一因)
私も仕事があって、ずっと一緒にいられなかったからなあ。

きょうの健康:
「統合失調症など他の精神疾患との判別、
 脳の画像検査や血液検査で
 脳腫瘍や甲状腺機能障害などがないか確認します」

家族:
こういう検査をしたのかは不明。していなさそう?
まあ、もともと体のほうの病気があって
別の病院で定期的に検査を受けているから省略されたのかも。

きょうの健康:
「双極性障害ではどんな治療をするのでしょうか」
「本人や家族に病気の情報を与える心理教育、
 患者さんの訴える悩みを聞き共感する支持療法、
 抗うつ薬を処方する薬による治療を行います。

 双極性障害では、薬による治療の割合が大きいです」

家族:
初診のときには、先生と時間をかけてじっくり話したらしい。
あれが、心理教育や支持療法になるのかな?

きょうの健康:
「双極I型=はっきりした躁とうつ状態があるものでは
 躁状態が生活に大きな支障をきたしますので、
 まずは、躁状態の治療や予防が重要となります。」
 (双極I型の薬についての詳細は省略します)

 双極II型=軽躁とうつ状態から成り立ちますが、
 うつ病の治療や予防が重要になってきます。」

家族:
家族は双極II型っぽい。
I型だったら、もっと大変なことになっていたのかも。

きょうの健康:
「気分安定薬のリチウム、ラモトリギンのいずれかを基本に
 新規向精神薬のオランザピンかクエチアピンのいずれかを
 併用することになります。」
「双極性障害では、抗うつ薬は使わないんですか」
「抗うつ薬を単独で使うと、
 うつから急に躁状態が現れる「躁転」という現象や
 イライラや不眠などの「賦活症候群」が現れることが。
 ただし、単独では使わないだけで
 気分安定薬や新規抗精神病薬と併用して
 抗うつ薬が使われることがあります。
 とくに、II型ではうつ状態が長いので
 新規抗うつ薬を併用することがあります」

家族:
うちの家族は、リチウムはずっと処方されていて
うつ状態が強いときには
抗うつ薬のドグマチールが追加処方されます。
抗うつ薬を使っていいのかな?と思っていたけれど、
双極II型ならよくあることなんですね。

きょうの健康:
「日常生活での注意点は?」
「過労や睡眠不足は躁状態のきっかけになります。
 睡眠と覚醒リズムを一定に保つようにしましょう。
 落ち着いても、大勢が集まる場所は避けることが大事です。
 疲れた時にはしっかり休養することも大切です。」

家族:
これは、できるだけそうなるようにしています。
眠れないときには睡眠薬のトリアゾラムを処方されたりも。
ただ、トリアゾラムは習慣性があるので
続けて飲みすぎないようにはしています。

きょうの健康:
「私がいつも患者さんにお願いしていることは、
 「迷ったらしない」ということです。
 これができるようになると、
 自分の気持ちにブレーキをかけられるようになります。」

家族:
双極性障害ではとても大事なことなんだろうな。
迷う=やめたほうがいい、と心の中で思っていることなので。

きょうの健康:
「家族はどう向き合っていったらいいでしょうか」
「躁状態のときには気分が高ぶっていて
 自分が偉くなったように感じているので、
 普段は大切に思っている家族や周囲の人に対しても
 尊大な態度をとったり、激しく罵倒することも。

 躁状態が治れば、ふだんのその人に戻りますので
 ひどいことは病気が言わせているのだと考えて
 家族は感情的にならずサポートすることが大切です」

家族:
うちの家族は、特定の人を激しく非難することはあるけれど、
家族をじかに罵倒とかはないので、まだありがたいのかも。

普通以上に理不尽に感情的な相手に対して
感情的にならずサポート、というのも難しいけれど
感情をコントロールできる側と、コントロールできない側では
できる側がするしかないんですよね(^_^;

家族がうつ状態で受診し、双極性障害と診断され、
治療を始めて5年くらい。
仕事に行けない重症のうつ状態になったり
軽躁になったりの波はあるけれど、
今現在は、それなりに落ち着いている感じです。
ただ、もともとの本人の性格が、気分の波を作りやすいタイプなので
油断はできないですけどねw

家族のうつ状態がひどい時には、私も白髪がかなり増えましたが
うつ状態がよくなってから、なんとかもとに戻りました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。